FC2ブログ

常識を疑え!!町の小さな食堂

食堂

常識を覆す『未来食堂』

カウンター12席の小さな定食店 ランチメニューは日替わりで一種類
今年9月、東京・神保町に、IBMとクックパッドで計6年間エンジニアを務めた女性が、これまでにない定食屋をオープンした。お手伝いすれば一食無料、カスタマイズオーダーも自在。飲食業界の型にはまらない経営が話題を呼ぶ。

元クックパッドのエンジニアが起業 飲食店の常識を覆す「未来食堂」〔事業構想〕

【1】おかずのオーダーメイドができる「あつらえ」制度
プラス400円支払えば、その日、お店にある食材と調味料が記されている一覧表を見て、食材を選び(2品まで)、自分が食べたいものをオーダーすることができる。「あつらえ」と名付けたこの方式は、かつてかなりの偏食で、外食時に肩身の狭い思いをしたという店主が、「人それぞれの食の好みを受け入れられるように」と考案した。

元クックパッドのエンジニアが起業 飲食店の常識を覆す「未来食堂」〔事業構想〕

【2】50分働けば一食タダ!「まかない」制度
店でお手伝いを50分すると、無料で一食が提供される。お手伝いの時間と内容は、ランチタイムの客の注文取りや、閉店後のお掃除など。店主が意識しているのは、お金以外の価値の提供だ。一食無料といっても時給換算にすると安い金額。それでもやりたいと思ってもらえるように、月に1回、まかないに参加した人は500円で食べ放題、ほかの参加者とも交流できる『まかないさんありがとうの日』を開催するなどして気を配る。

元クックパッドのエンジニアが起業 飲食店の常識を覆す「未来食堂」〔事業構想〕

《”おまかせ”と”あつらえ”の違いについて 》
既存の高級飲食店で見られる”おまかせ”は「店主が調理方法を決めて、その創意工夫をお客様に提供する」ものである。一方、未来食堂の”あつらえ”は「お客様が材料や体調などの要望を伝え、それを店主が形にして提供する」ものである。

凄いビジネス!面白アイデアビジネス ブログTOPは
コチラ

コメント

非公開コメント